KYOTO米にまつわる、エトセトラ

いよいよ、開催まで一か月をきりました!!

いよいよ、開催まで一か月をきりました!!
平安日本酒フェスティバル2018!!

平安日本酒フェスティバル2018
日時:2018年9月2日(日)10:00~17:00
(料理・日本酒が売り切れ次第終了)
場所:平安神宮前(岡崎公園)
前売りチケット500円(当日800円)
前売りチケットは参加店舗、イープラス 等で販売中!!
http://eplus.jp/sys/T1U14P002265746P0050001

ここで改めて当日の入場からの流れを説明させていただきます。

当日は岡崎公園に日本酒の蔵が24、飲食店の料理店舗が20、出店します。

入場券のようなものはなく、誰でも入場可能です。

ただし、日本酒を呑まれるお客様は平安日本酒フェスティバル2018専用グラスが必要です。

前売り(500円)か当日(800円)グラス引換券を購入いただき、受付にてグラスを受け取ってください。
そのグラスに日本酒を注ぐので、なくさないよう、割らないようにご注意ください。
日本酒はドリンクチケット制で1枚300円を本部ブース、チケットブースで販売していますので必要な分だけご購入ください。
酒蔵ブースの日本酒はどれも1杯300円=ドリンクチケット1枚です。
(BARブースの日本酒カクテル、古酒等、複数枚必要になるものもあります)

料理の方は購入に制限はありません。
日本酒を呑まなくても、料理だけ購入することも可能です

料理の値段は各店舗・料理ごとに異なります。
その場で現金にてお支払いください。

平安日本酒フェスティバルでは、他のイベントで時折見かける料理とお酒のペアリングはこちらからは提案いたしません。
たしかに、ある料理とあるお酒の組み合わせ次第でさらなる楽しみを得られるというのは間違いありません。
しかし、これだけ多くの日本酒と料理が集まるわけですから、一つの組み合わせに固執せず、
自由な発想でお客さん自身がいろいろな組み合わせを考えて楽しんでほしいと思います。
日本酒の受け幅は広いです。
よっぽど極端なものでないかぎり、失敗することは少ないですし、思いがけない発見をした時のよろこびは実際に体験してみないと分かりません。
自分で選んで、いろいろと組み合わせを試し、発見をするという楽しさをお客さんに体験していただければ、と思います。
自分で考えて選ぶということが、普段の生活でもお酒と料理を選んで合わせるということにつながってくれれば、そんな思いも込められています。

平安日本酒フェスティバルを通じて、皆さんがもっと日本酒に親しんでくれて、生活の一部にまでなってくれたら主催者としてこんなうれしいことはありません(^^)

そのためにはまずチケットが必要ですね。
皆さん、前売りのグラス引換券はもう入手されましたか?
まだの方は最寄りの参加店舗、またはイープラス等でご購入ください!!(^^)

皆さんのご来場、お待ちしております。

9月2日は平安神宮の大鳥居をバックに日本酒で乾杯!!(^O^)/

※シェア・拡散よろしくお願いします(^^) もっと見る

元記事

記事ご提供

祝
京の酒米「祝」振興プロジェクトさん

「祝」は京都だけで栽培している酒造好適米です。酒造好適米とは、お酒を造るのに適したお米、酒米のことです。「祝」の酒は、京都の酒蔵だけが醸すことができる大変貴重な日本酒です。

京の酒米「祝」振興プロジェクトさんの他の記事

京の酒米「祝」振興プロジェクトさんの記事をもっと見る