KYOTO米にまつわる、エトセトラ

道の駅を食べ尽くす!「道-1グランプリ2018」秋分の日に京丹後で開催!

年に一度の道の駅グルメの祭典、全国の道の駅グルメNo.1を決める「道−1グランプリ」が、今年も9月23日(日/秋分の日)・24日(月/振休)に京丹後市で開催されます!
47都道府県の道の駅グルメの中から選考で厳選された20駅の看板グルメが、会場となる道の駅丹後王国「食のみやこ」に大集結!来場者であるあなたの“おいしい”一票が、平成最後のキングオブ道の駅グルメを決めるかもしれません。
この栄冠を勝ち取るのは、一体どのメニュー!?

この「道−1グランプリ」は、2016年に第1回大会が開催、今年で3回目を迎えます。
全国1145の道の駅の中から選ばれた20の看板メニューが軒を連ね、来場者の投票により、王者が決定します。
通常は現地に行かないと食べられないお宝メニューを食べられる、しかも食べ比べることができるということで、大人気となっているイベントです。

メニューの販売価格は1品、大体300〜500円くらいです。
来場者は、100円券10枚綴りと1枚の投票券が付いたチケット購入して、投票します。会場内はチケットのみの使用で、現金でメニューは買えませんのでご注意を!
24日(月・祝日)の14時に投票が終了、14時45分から表彰式が行われます!(販売は16時まで)

さて、ここからはいよいよ、今年の「道−1グランプリ」で食べられる絶品メニューをご紹介!
まずは、過去の2大会からエントリーしてきた実力派です!

過去2大会で連覇した最強グルメ
道の駅もてぎ(栃木県茂木町)「ゆず塩ら〜めん」

道の駅もてぎのオリジナル調味塩「ゆず塩」と、一玉ずつ丁寧に手搾りしたゆず果汁を、鶏と豚の合わせスープにブレンドした逸品。爽やかさと深みを併せ持つ塩味のスープと、特性麺が食欲をそそります。過去2大会の覇者というアドバンテージはとにかく強い…!今年、3連覇を狙いにきてますよ!!

2017年度スイーツ部門優勝
道の駅大任桜街道(福岡県大任町)「石炭ソフトクリーム」

真っ黒な見た目のインパクトが強いこのソフトクリームは、体に良い竹炭をチョコレートに練り込んで作られた、その名も「石炭ソフトクリーム」!大任町のある田川郡は昔、炭鉱で栄えた地域なのだそうです。真っ黒なのに食べたら美味しいチョコレート♡というギャップもまた良いのかもしれませんね。昨年のスイーツ部門優勝の実力は、確かなものです。

今年要注目のダークホース!?
道の駅うずしお(兵庫県南あわじ市)「淡路島うにクリームバーガー」

過去2大会で不動の3位を獲得した道の駅うずしお。獲得メニューは2年とも特産の玉ねぎを使ったオニオンビーフバーガーでしたが、3年目の今年は、淡路島産の濃厚なウニクリームコロッケ(特製うにグラスソースがけ!)、淡路島産のりとシャキシャキきゅうりを合わせて旨味と風味の引き立つ絶品バーガーで勝負に挑みます。

もちろん、地元・京都の道の駅グルメも欠かせません!
昨年のオープン以来話題になっている道の駅お茶の京都 みなみやましろ村の濃厚過ぎる抹茶ソフト「むらまっちゃソフトクリーム」、道−1の開催会場となっている道の駅丹後王国「食のみやこ」の京丹波高原豚の自家製ソーセージを使用した「TK(Tango Kingdom)サンド」、とれぴち鮮魚が集まる道の駅舞鶴港とれとれセンターのまろやかスイーツ「マイヅルプリン」がエントリー!京都府代表として、ぜひ頑張ってもらいたいです♪

全国のご当地グルメや地元の特産品、地域の魅力はもちろんのこと、“人”との出逢いも「道−1グランプリ」の隠れた醍醐味。美味しいグルメは、人の輪も繋ぎます!
地方の知られざる逸品に光をあて、動員数の規模も大きな「道−1グランプリ」は、地方創生も実現するイベントです。
秋分の日の連休は、ぜひ京丹後へ!道の駅を食べ尽くしに行きましょう^^

■■INFORMATION■■

道-1グランプリ 2018
日程:平成30年9月23(日)、24日(月・振休)※両日とも10時~16時
場所:丹後王国「食のみやこ」(@京丹後市弥栄町鳥取123)※入園無料
問い合わせ:0772−62−4193
http://michi-1.jp

元記事

記事ご提供

KYOTO SIDEさん

知られざる「京都」の魅力を、京都を愛するみなさんのチカラでもっと広めていきたい。KYOTO SIDEは、京都府が持つ独自の魅力や情報をグローバルに発信し、共有していくファンコミュニティサイトです。

KYOTO SIDEさんの他の記事

KYOTO SIDEさんの記事をもっと見る